乾燥肌 原因

MENU

乾燥肌の原因について

シワをふせぐ乾燥肌化粧品の選び方

乾燥肌は秋から冬にかけての空気が乾燥しやすい時期だけに起こる症状ではありません。
最近は一年を通して悩んでいる方が増えているんです。
なぜなら、空気の乾燥だけが原因ではなく、お肌自身の保湿力にトラブルが発生しているからなんです。
とはいえ乾燥肌は「肌がどういう状態にあるのか」を認識して、「適切なスキンケア」をしてあげれば悩むほどのことではありません。
乾燥肌原因を知り、乾燥肌の正しいスキンケアを確認していきましょう♪

「乾燥肌」といわれるお肌の状態とは?

乾燥肌(ドライスキン)は、お肌のバリア機能が減少して角質層の水分含有量が低下している状態です。(お肌のターンオーバーが乱れている状態とも言えます。)

 

そもそも皮膚の保湿は、お肌のバリア機能(皮脂膜+天然保湿因子(NMF)+角質細胞間脂質)によって保たれているんです。

 

 

肌のバリア機能

 

 

・・・が、「間違ったスキンケア」や「体質」などの原因でこれらのバリア機能を減らしてしまった状態が、一般的に「乾燥肌」と呼ばれているのです。

 

乾燥肌 = お肌のバリア機能(皮脂膜+天然保湿因子(NMF)+角質細胞間脂質)
が減少した状態

 

このように、乾燥肌の方はお肌のバリア機能が弱まり、お肌にとってはツライ状況が続いています。

 

これを見過ごすとシワやシミ、乾燥ニキビなどの肌トラブルに発展してしまう可能性があるのです。

 

多くの方はこうした肌トラブルが起こってから対策を始めるので、手遅れになってしまうこともあるようです・ ・ ・。

 

 

(今すぐに乾燥肌対策のスキンケアを知りたい方はコチラ♪)

 

アイムピンチはこちら

 

I’m PINCH(アイムピンチ)

 

 

乾燥肌を引き起こす3つの要因

乾燥肌とは、要は「お肌の水分が足りていない状態」のことです。
ここからはお肌の水分がなぜ足りなくなってしまうのか?(なぜバリア機能が減ってしまうのか?)ということを詳しく理解していきましょう♪

 

 

先程説明したように、皮膚の表面にはお肌のバリア機能(皮脂膜+天然保湿因子(NMF)+角質細胞間脂質)があります。このバリア機能(保湿機能)が

  • 「紫外線などの外部刺激やアレルゲンなどから肌を守る」
  • 「肌内部の水分蒸発を防ぐ」

といった役割を果たしています。
このバリアが無くなってしまうということは、お肌にとって絶望的な状況といっても過言ではありません。

 

 

お肌のバリア機能が弱まる主な原因は次の3つが挙げられます。

 

皮脂量の低下

皮脂膜となるべき皮脂の分泌量が低下すると、ダイレクトな刺激が角質層に伝わりやすくなります。
環境や体質に左右されますが、一般的に皮脂の分泌量のピークは男性で30代、女性は20代に迎え、その後は減少していきます。
また、加齢による自然減少に加えて、クレンジングや洗顔によっても失われてしまいます。
過度な洗顔や界面活性剤を含む洗浄力の高い洗顔料を使用することで必要な皮脂まではがしてしまうことになります。

 

 

天然保湿因子(NMF)量の低下

角質細胞内に存在するNMFはアミノ酸類、乳酸、尿素、クエン酸塩などから構成され、水分を抱え込む性質(保湿)をもっています。
このNMFによって細胞内の水分量は一定に保たれているのですが、NMFの量は日焼け、加齢、睡眠不足、ストレスなどで低下してしまいます。
また、洗浄力の強い洗顔料の使用やゴシゴシこするような洗顔のせいでNMFだけでなく角質細胞ごと破壊されてしまい、お肌のバリア機能が弱まってしまう結果につながります。

 

 

角質細胞間脂質の減少

お肌の保湿の80%程度は角質細胞間脂質によって守られています。
角質細胞間脂質は主にセラミドなどからできています。
汚れやメイクと素早くなじんだり、毛穴汚れや角栓が落ちたりする「便利なスキンケア」の使用は、同じく油性の皮脂や角質細胞間脂質ともよくなじみ、知らず知らずの内に角質細胞間脂質を自ら削って捨てているということなんです。

 

 

以上のように「お肌のバリア機能」が弱まる原因(乾燥肌の原因)は複数ありますが、まとめると以下のようになります。

 

  • 自然発生する原因   ・・・体質や加齢など
  • 生活上の原因     ・・・ストレスや食生活など
  • 間違ったスキンケア  ・・・肌に合わない化粧品の使用など

 

これらの乾燥肌の原因のうち、自然発生する原因に対処するのはなかなか難しいことですが、生活上の原因間違ったスキンケアについては改善できますし、改善するべきです。

 

特に毎日行うスキンケアについては「間違った化粧品選び」をしてしまうと直接的にお肌のバリア機能を壊してしまう原因にもなってしまいます。

 

正しいスキンケアでお肌のバリア機能をサポートして、乾燥肌を改善していきましょう。

 

 

(今すぐに乾燥肌対策のスキンケアを知りたい方はコチラ♪)

 

アイムピンチはこちら

 

I’m PINCH(アイムピンチ)

 

 

乾燥肌をケアするために

乾燥肌のケアとはお肌のバリア機能を正常で健康的な状態に戻すことが目的です。

 

まずは「ストレスのない生活を心掛けること」と「健康的な食生活を行うこと」で体の内側からお肌を整えていきましょう。・・・とはいえ家事、育児、職場環境などの理由からなかなかうまく整えられないこともあります。

 

この「内側からのケア」をカバーするために「外側からのケア」、つまり正しいスキンケアに頼りましょう♪そして、乾燥肌をケアすることが目的なんですから乾燥肌化粧品を使用するのが好ましいでしょう。

 

先程説明したとおり、お肌のバリア機能(保湿機能)が減ってしまうことは乾燥肌につながります。特にバリア機能の約98%を占める角質層(天然保湿因子(NMF)や角質細胞間脂質など)の修復にはセラミドやアミノ酸などの成分を補給することが有効とされています。乾燥肌化粧品にはセラミドやアミノ酸など、お肌のバリア機能の修復に有効とされる成分を豊富に配合されているものが多いのです。
乾燥肌化粧品は「内側からのケア」だけでは足りない部分をしっかりとサポートしてくれるんです♪

 

体内環境を整えることは重要ですが、
乾燥肌化粧品を使用して「正しい乾燥肌ケア」をおこなう必要性も、
すでにご存知かと思います。

 

自分に合った乾燥肌化粧品を見つけて素肌美人になりましょう♪

 

 

オススメの乾燥肌化粧品はコチラ♪

 

アイムピンチはこちら

 

I’m PINCH(アイムピンチ)

 

乾燥肌化粧品の選び方

乾燥肌化粧品を「悩みのタイプ」と「化粧品のタイプ」から選べるようにカテゴリー別に紹介しています。

 

悩みのタイプで選ぶ 化粧品のタイプで選ぶ

自分の悩みにあったものを選ぶことが乾燥肌のケアのポイントです。



洗顔の悩み



洗顔後のケアの悩み




使い方がカンタンでコスパも抜群なオールインワンがオススメ♪



オールインワン



化粧水



クリーム



美容液



石けん